カスタマーサポート:0120-86-5143

メロングリソディン®の成分について

メロングリソディン®とは

フランス・バイオ企業の特許技術で実現した、メロン由来の抗酸化酵素

メロングリソディン®入りアイテム



メロングリソディン メディア紹介事例


北米でメディカルエステや医療分野で使用されているエビデンス豊富なメロングリソディン。 Diet&Beauty (2011年10月号)

ヨーロッパでは、通称「カンタループ(皇帝の庭)メロン」と呼ばれるヴォークルシアン種のメロンが食されています。メロングリソディン®は、このメロンを品種改良してできた傷みにくく日持ちするメロンから抽出した、植物性成分です。

この特別品種メロンには、メロンを新鮮に保つと考えられる抗酸化酵素が、通常メロンの7〜8倍も多く含まれています。フランスのバイオ企業が開発した特許技術によって、この抗酸化酵素がさらに濃縮されています。また、ヨーロッパの公的研究所や大学の研究ラボなど、世界中の様々な研究機関が、健康・美容食品としてメロングリソディン®を研究しており、30ヶ国以上で販売されています。

ニュートリション・アクトが使用しているメロングリソディン®は、南仏アヴィニヨン地方の契約農場にて栽培されたメロンを使用しており、現地での農薬検査、国内での定期的な農薬検査、輸入ごとの分析検査を始め、様々なテストで安全性がチェックされています。特殊メロンの抽出成分と小麦成分を主とする、100%食品成分の安全・安心な食品原料です。

  • 完熟から12日目の特別品種のメロン(左)。
    従来のメロン(右)と比較すると腐りにくい。

  • 原料となるメロンは南仏の契約農場で栽培。

  • メロングリソディン®(メロンの成分を抽出し、粉末にしたもの)。

Pマーク