サイエンスがかなえるスローエイジング。ニュートリション・アクト オンラインショップ

【Journal】コラーゲンとは?

コラーゲン

管理栄養士が会員様の質問にお答えします。


美容に欠かせないコラーゲン。そもそもコラーゲンってなに?


コラーゲンとは?

そもそもコラーゲンとは、たんぱく質から出来ており、カラダのたんぱく質の約30%を占めています。お肌はもちろん、髪、骨、内臓などあらゆる場所に存在し、最も多い部分は皮膚で、全コラーゲンのうち約40%、次いで骨や軟骨が約20%を占めています。
コラーゲンは、皮膚の表面にあるいくつかの層の下、“真皮”という場所で網目状のネットワークを形成し、お肌の柔軟性・弾力性・保湿性を維持し、お肌のハリを保っています。


コラーゲンがないとどうなるの?

加齢によって現れるシワ。この原因は、老化・紫外線・活性酸素などによってコラーゲンを生み出す細胞(線維芽細胞)の数が減る結果、コラーゲンを産み出す量が減ったり、上記のような理由で、コラーゲンが変性し、お肌の弾力が失われてしまうからです。
また、代謝が衰えると、不自然な形の古いコラーゲンが増えて皮膚がカサカサになり、これもシワの原因となります。


コラーゲンは飲んでも効果ないって聞いたけど?

「高配合のコラーゲンドリンクやサプリメントを飲んで次の日即効でお肌がプルプルになる」と思われている方も多いかと思いますが、通常、コラーゲンの代謝は、6ヶ月あるいは部位によっては数年もかけて、新しいものに入れ替わっていきますので、即効性は期待できません。つまり、日々ゆっくりと、少しずつ入れ替わるので、毎日継続的にコラーゲンが代謝できるような環境作りが重要となります。

前述のとおり、コラーゲンを生み出すのは線維芽細胞で、この細胞は、コラーゲン以外にも皮膚の弾力性を維持しているエラスチンや、保水力に優れたヒアルロン酸などを産生している、美肌を生み出す母なる細胞です。ですから、食事からの栄養補給によって、線維芽細胞の減少をできるだけ最小限に留め、代謝を高めておくことが重要です。


コラーゲンを摂取するとどうなるの?

外から摂取したコラーゲンは、アミノ酸まで分解された後、必要に応じてカラダの様々な部分のタンパク質に再合成されます。そのため、大量にコラーゲンを外から補ったからといって、必ずそれが体内でコラーゲンになるとは限らず、ましてや“お肌”のコラーゲンになるかどうかは分かりません。
つまり、コラーゲンがいくら大量に配合されていたとしても、また体内で吸収されやすいよう低分子化されていたとしても、もともとの体内のアミノ酸バランスが悪ければ、コラーゲンとしてではなく、カラダの他のたんぱく質となってしまうのです。
よって、せっかく摂取したコラーゲンをできるだけ目的の“コラーゲン”として再合成させるにも、普段の食事から、お肉、お魚、豆類などの良質なタンパク質をしっかり補って体内で充足した状態に保つことが重要と言えます。また、ビタミンCは、コラーゲンの合成に不可欠な栄養素で、ビタミンCを一緒に摂取するとコラーゲンの吸収が高まり、コラーゲン合成が促進されやすくなります。

このようなポイントに注意しながら、美容や健康をサポートするためにも、体内のコラーゲンを効率よく維持させてあげましょう。

コラーゲン&美肌の基礎をつくる栄養素がたっぷり

エステ キュイジーヌ

エステ キュイジーヌ

日本初の「基礎体内ケア」をかなえる飲むエステ

コラーゲンを自らつくるチカラをつける


LINEで送る
Pocket

Comments are closed.