サイエンスがかなえるスローエイジング。ニュートリション・アクト オンラインショップ

天然のサプリ

2014年9月22日
/ / /
Comments Closed

管理栄養士が会員様の質問にお答えします。


やっぱりサプリメントは天然のものが良いのでしょうか?

成分が天然だから安全とも限りませんし、人工だから悪いとも限りません。

例えば、ビタミンCですが、正式名はアスコルビン酸といいます。このアスコルビン酸は、人工につくられたものでも天然ものも構造的には全く違いはありません。
しかし、摂取したときの効果としては、人工のアスコルビン酸だけをとるより、アセロラなどの天然ものの方が、バイオフラボノイドなどといった有効成分も入っているのでより効果的になります。

一方、ビタミンEは、人工と天然で働きが違います。天然の方が働きの能力が高いのでおすすめです。

また、よく、「天然成分は高額」というイメージもありますが、必ずしも値段が高いということだけではありません。よく例に出されるものとして、合成ビタミンCは安いけど、天然のビタミンCは高額といった宣伝。ですが、同じ果物に含まれる有効成分を加工したものと、果物果汁を粉末にしたものでは、果汁粉末のほうが、コストが低くなることもあります。そのため、一概に「天然成分だから高額」とも限らないということになります。

LINEで送る
Pocket

Comments are closed.