サイエンスがかなえるスローエイジング。ニュートリション・アクト オンラインショップ

5月の旬な食材 アスパラガス

2013年5月1日
/ / /
Comments Closed

5月の旬な食材 アスパラガス


アスパラガス

アスパラガスは、収穫してもどんどん新芽を出す様子から、「新芽」や「たくさん分かれる」などの意味をもつギリシャ語のこの名が付きました。昔から利尿剤や鎮静剤として利用され、食用というよりは薬用として扱われていたようです。日本へは、オランダ人によって江戸時代に伝えられ、大正時代に入ると本格的に栽培がはじまりました。


アスパラガスの注目成分

β-カロテン
ビタミンB群
葉酸
ビタミンE
亜鉛

アスパラギン酸
ルチン


豊富な栄養素

葉菜類の中ではタンパク質、ビタミンB群、亜鉛、銅などが比較的豊富に含まれています。また、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸は、アスパラガスから発見されたことによりこの名が付きました。アスパラギン酸は、代謝を活発にし、疲労回復や美肌を促してくれるだけでなく免疫力を増強させる力もあるとされています。さらに、穂先に含まれるルチンという抗酸化成分は、毛細血管を丈夫にして高血圧や動脈硬化を予防するといわれています。
アスパラガス

 

なお、アスパラガスは太陽の光に当てているものがグリーンアスパラガスで、当てていないものがホワイトアスパラガスに分類されます。栄養素の違いとしては、日光を浴びることでより生成されるビタミン類は、グリーンアスパラガスの方が豊富に含まれます。一方、ホワイトアスパラガスは糖分がやや多めになっています。土壌の水に含まれているミネラル類は、どちらも根の部分から吸い上げるので栄養素の量はあまり変わりがありません。


選び方

アスパラガス

  • 穂先がピンと締まっているもの/切り口がみずみずしく、全体にツヤがあるもの
  • 全体的に緑色が濃すぎず、爽やかな色のもの
  • 曲がっていないもの選び方


アスパラガスの保存方法

短期保存の場合(約4~5日)

深さのある容器(牛乳パックなど)の底に、湿らせたティッシュなどを敷き、そこにアスパラガスを立てて冷蔵庫にて保存してください。手間であれば穂先を立てておくだけでも、アスパラガスの栄養分の損失が少なく、鮮度が落ちにくくなります。

 

長期保存の場合(約1ヵ月)

よく使う大きさに切って軽く茹でるか、レンジで加熱した後、冷水にとって水気を切ってから保存用の袋に入れて、冷凍庫にて保存してください。

LINEで送る
Pocket

Comments are closed.